オープンイノベーション

ワーキングマザー花井のオープンイノベーション活性化への企み。

新米ワーキングマザーで新米事業プロデューサー。オープンイノベーション活性化を目論む。夢は世界平和。アジアの発展と日本の活性化を見届けてから死にたい!

オープンイノベーションプロセス③出会った後、握手する迄は即断即決が重要!前編

さて、今日もオープンイノベーションプロセスを考え続けている花井です。

 

何年か前、コーチングの講座を受講していたころ、

周囲の環境が味方する、語りかける、的なことを学んだんですが

(ずいぶんフワッとした理解ですみません。コーチングのプロの方々、本当スミマセン・・w)

 

まぁつまり、なんか周りのいろんな出来事が、

私をオープンイノベーションに向かせるようなことばかりなんですよ・・!笑

 

 

プロセスに関するブログ①、②で

・会社戦略に沿った方針決めが大事!!!

・出会うためのPRが大事!!!

と申しました!

 

がそれだけではやはりまだ、不十分で。

簡単にうまく行ったらもうミンナやってるよね!と。

やっぱり、労力相当かかるやん!

そんな領域なのです。オープンイノベーション

 

なので今日は、会えた後の流れについて考えてみました。

 

想像してみてください… 

PRがうまくいき、

ちょっといいかも・・!というトキメク企業との出会いがありました。

   

 ここから

最も大切な事は、

機動的な意思決定

です。

 

どういうことか。

通常のVC(純粋なファイナンシャルリターンを求める投資会社)と比較し、

事業会社は、投資実行の判断基準が個社毎に異なり、複雑です。

 

そのため、

素敵なスタートアップや、中小企業、ベンチャーと出会う事を前提に、

少なくとも下記3つは事前に準備しておかないと、なのです。

 

・協業判断基準の明文化、言語化

・承認プロセスの確認

・必要書類等の事前確認

 

ポイントは出会う前に準備しておく事です。

 明日へ続く…!